独学で日商簿記1級に挑む人のおすすめ教材ランキング

LEC通信講座

法律系資格に強く、通学講座で有名なLEC。日商簿記1級の講座では、「自由コンバート制」という、独自の受講カリキュラムが取り入れられています。

3級や2級とは明らかに難易度や出題範囲のスケールが違う日商簿記1級。試験は6月と11月、年2回実施されるわけですが、いざ勉強を始めてみると、出題範囲を学習しきれず、実力を蓄えられないまま受験当日を迎えてしまい、全然点が取れず不合格、あるいは直前で受験を諦めてしまう方も少なくないようです。

そこで、勉強の進捗に合わせて、途中で6月と11月の検定をコンバートできる制度を作りました。11月試験に合わせて勉強を始めたものの、進捗がよくない時には、次の6月試験へ、手続なしでコンバートできます。順調に学習が進んでいる場合は、逆に早い講座へコンバートすることもできます。

このシステムのおかげで、不十分な状態で無理に受けることが避けられるので、安心して勉強を進めることができるわけです。

LECの通信で独学している人の口コミ評判

  • 公認会計士へのステップアップで受講。どの科目・分野の講義でも、具体的な例や図を使って説明してくれるので、とても分かりやすかったです。おかげで、無理に暗記することなく内容を理解することができました。
  • 出産後、資格がほしかったものの、育児に追われ時間を作るのが難しく、悩んでいた時にLECのWEB学習を知りました。自宅で効率よく勉強できて助かりました。

日商簿記1級のパーフェクトパック

パーフェクトパックは、「完全マスター講座」「解法マスター講座」「総まとめ講座」「合格答練」に「公開模試」がセットになっている基本コースです(全85回)。
学習ツールはWeb(138,000円)、DVD(168,000円)の2種で、近くにLECスクールがある場合、また提携校がある場合には、通学と併用することもできます。

Webコース・DVDコースともに、ネット「OnlineStudySP」を通じて、独学受験者を支援。不明点もすぐに解決することが可能です。