独学で日商簿記1級に挑む人のおすすめ教材ランキング

TAC通信講座

TACの通信講座は、1級受験者が学習しやすいように複数のカリキュラムが用意されています。最も人気のあるスタンダードな「1級本科生」、再受験の方向け「1級上級本科生」は、Web、DVD、ダウンロード通信、カセット、資料(テキスト)と、5つの学習ツールが選べます。

さらに、3級修了者が2級と1級の合格を一気に目指す「2・1本科生」は、短期間で大幅にスキルアップしたい方に注目されている講座です。

TACの通信講座で独学している人の口コミ評判

  • 教材には、合格に必要な要素が網羅されていました。それをやり遂げることで自分の実力と自信になりました。
  • TACの市販テキストを使って独学で2級を取得。信頼できたので1級は通信講座に入りました。講義の進め方が自分のペースとよく合っている気がします。

簿記1級講座のカリキュラム内容

1級本科生(全81回)

  • まず「講義パック」で知識をインプットし、「直前パック」で問題を集中的に解いていきます。直前パックには公開模試も含まれます。
  • 受講料は、Web/DL:148,000円、DVD:185,000円、カセット:168,000円、資料通信:77,000円
  • 1級講義パック…1級商会講義→1級工原講義(各32回)で基礎を固める
  • 1級直前パック…1級的中答練(10回)→1級全国公開模試→1級総まとめ講義演習

1級上級本科生

  • 本試験に即した知識の強化を行います。講義中に問題演習も行っていくため、スピーディに力を蓄えることができます。
  • 総合本科生受講料(総合本科生:全43回)
    …Web/DL:88,000円、DVD:98,000円、カセット:87,000円、資料通信:45,000円
  • 本科生受講料(本科生:全31回)
    …Web/DL:72,000円、DVD:84,000円、カセット:72,000円、資料通信:37,000円

2・1級本科生

  • 2級本科と1級本科を続けて受講するコースで、包括的な学習ができるため理解度が深くなり、1級合格に希望が持てます。受講料は、DVD(全113回):232,500円です。

受講生のフォロー制度について

通信講座で勉強を進めるうちに生まれる疑問点や不明点は、電話で質問ができるので独学の不安が解消できます。また、質問カードにわからないことをまとめ、返信をもらう形式は、あいまいな部分が的確に整理できるメリットがあります。また、教室が近くにある場合、試験直前にスクーリングを受けることも可能です。

さらに、弱点克服や復習のために、Web・DLコース以外の通信講座受講中の方へ、有料で同一コースのWeb/DL講座が受けられるフォロー制度を設けています。(コース条件あり)