独学で日商簿記1級に挑む人のおすすめ教材ランキング
HOME >  独学で日商簿記1級合格を目指す >  独学におすすめのテキスト

独学におすすめのテキスト

メインとして使う教材とは別に、補助的に参考書類を用意しておくと、安心です。どんな本を選んだら良いか迷ったら、口コミで「使いやすかった」「直前に役立つ」など、評判の高いテキストにすることをおすすめします。

口コミ評判の高いテキスト教材

独学で日商簿記1級合格を目指す方にとって、先輩たち、また受験経験者からの口コミアドバイスは、貴重な情報源ですし、何より心強いものです。総合出版社や、資格学校の出版部から発行されている人気のテキストを、いくつかご紹介しましょう。

日商簿記1級とおるテキストシリーズ

とおるテキストシリーズ 日商簿記1級

ネットスクール出版
工簿・原計(1)~(3):1701~2079円
商簿・会計(1)~(3):1701~2079円

 

難しい言葉を用いず、構成がわかりやすいので使いやすいという評価を受け、独学派には王道的なテキストです。同社の過去問題集、通称“パタ解き”(「日商簿記検定過去問題集1級出題パターンと解き方」)も人気が高く、補助教材としてパタ解きだけを購入する受験者も少なくないとか。

新検定簿記講義 1級

新検定簿記講義1級 テキスト

中央経済社
4科目:各945円

 

試験対策として歴史が長いテキスト。同社では他に、予想問題集「簿記ワークブック」も出版しています。値段の安さが何よりありがたいですね。言い回しなどはやや読みにくいのですが、逆に、おカタい法律書をこの先ずっと読むことになる、税理士の卵や公認会計士志望の方にはおすすめとのこと。

よくわかる簿記シリーズ 合格するための過去問題集

TACのよくわかる簿記シリーズ 1級

TAC出版
2000円

 

過去問題集ばかり集めるのも不経済だが、既出の問題はできるだけ多く解いた方が、力になる。資格学校のTACから出版されているボリュームたっぷりの本著は充実度満点です。