独学で日商簿記1級に挑む人のおすすめ教材ランキング

原価計算

学生や実務経験のない独学者にとっては、原価計算自体になじみが薄いため、苦手と思っている方も多いかもしれませんが、あせらず、工業簿記とセットで力をつけていきましょう。
出題傾向を以下に記します。

日商簿記1級の原価計算の出題傾向

第126回 連産品の理論
第125回 意思決定
第123回 実際工程別、セールスミックス
第122回 意思決定
第120回 全部、直接標準+理論
第119回 プロダクト・ミックス、長期意思決定
第117回 短期意思決定、活動基準原価計算
第116回 直接標準

原価計算と工業簿記はセットで考えると時間配分しやすい

以前は、工業簿記と原価計算の問題はよく似ていたようですが、最近の原価計算の出題内容は、「意志決定」が中心になりつつあります。

意思決定は原価計算の本質部分です。経済的発注量とか、設備投資など、多様な用語が飛び交い、計算することがメインの科目、と考えがちですが、問題文をなぞるのではなく、問題文からどのように意思決定をしていくかが大事です。

工業簿記、あるいは他2科目と同様、暗記で点数を狙うより、問題が意図することを理解するように勉強を進めることが、合格への最短手段だと思います。

読解力を養い日本語・数字を正しく

商工会議所が発表している試験の出題意図で、出題者が望む1級の基準がわかります。ちなみに、第126回の原価計算出題者のコメントには、「日本語や数字を正しく書くという基本的能力が欠けている答案もみられた」とあります。過去の出題意図コメントでも、たびたび、読解力を養う必要性について触れられています。

理論は「原価計算基準」で解答できます。キャッシュフローは、問題が提示する状況を的確に把握する国語力があれば、決して難問ではないと思います。
専門学校では、過去データに基づいた解答テクニックが得られるでしょう。でも、独学こそ、クセをつけず、まっすぐな読解力を養うためには、一番適した方法かもしれません。ぜひ、意識してみて下さい。

原価計算の過去問と解答方法

日商簿記1級の原価計算で出題された問題と回答をひとこと解説。

<第119回・問1>

最適プロダクト・ミックスと年間貢献利益の問題。

製品単位あたりの貢献利益と、設備稼働1分当たりの貢献利益を比較します。結果、いずれの設備でも製品Aの優位性が高いので、Aの生産を優先すれば良いことになります。次に、最適なプロダクト・ミックスができる組み合わせを選び出し、最終的な解答を算出します。