独学で日商簿記1級に挑む人のおすすめ教材ランキング
HOME >  簿記1級を仕事に活かす

簿記1級を仕事に活かす

簿記1級を取得した際に仕事上でどのようなメリットがあるかを説明します。

経理

簿記1級をもっていると、経理部門のマネージャーや経理財務の責任者になれる資質があるといってよいでしょう。つまりその部門の管理者としてポストが狙えるということです。

仕事の内容は、出納業務はもちろんのこと、月次・四半期決算、連結決算などの決算業務を行います。また納税に関する一連の業務を遂行することになるでしょう。

業務をこなすためには、資格も重要ですが、実務経験も重要となってきます。具体的には、企業の中で、経理の仕事を5年以上の経験を必要とするところが多いでしょう。簿記2級、3級では難しい企業の財務状況の管理、有価証券の報告、決算報告の開示資料作成業務もあります。特に、開示資料に関して言えば、株主総会で、株主に報告するものなので、間違いは絶対に許されないのです。

簿記1級に合わせて、税理士や会計士の資格があると、さらに仕事の幅がひろがるので、将来的には、考えておくのも良いでしょう。

会計事務所

会計事務所においても簿記1級の資格をもっていると重宝されます。会計事務所は多くの企業の会計業務を依頼されています。その企業に代わって税務監査を行うこともあります。

決算書の作成にする際には、次期の会計の計画をたてるために、コンサルティング的な役割を果たすこともあります。企業の安定した経営を行えるように資産運用、借入金の返済計画、売上の計画などを作成します。

経理、財務面でクライアント企業の経営に関与する事ができるのが、この仕事の醍醐味と言えます。

その経験やノウハウを得るためには、やはり1つの会計事務所に3年~5年は勤めることが大切です。

他にもこんな資格に役立ちます

  • FP(ファイナンシャル・プランナー)
  • 中小企業診断士